ダイヤモンドヘッドへ登山予定の方必見!最適な服装や靴、持ち物とは?

その他

みなさん、こんにちは。

コロナによる緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ海外への旅行は、しばらくお預けっといったところでしょうか?

コロナが完全に終息し、海外に自由に行けるようになったら、どこに行きたいですか?
私は、絶対にHawaiiに行きたいです。

なぜかって?

空港に降り立った時点から、漂う常夏の香り!

広い空に、真っ青な海、緑が豊富で、風が気持ちよくて・・・。

何と言っても、気さくな笑顔で「アロハ~」と微笑んでくれる、ロコたちは本当に素敵ですよね。

私は今まで2回、ハワイに行ったことがあります。

初めて行ったのは、大学の卒業旅行だったのですが、ダイヤモンドヘッドに登りました。

そして、痛い目に合いましたよ~(涙)

っということで、その体験談を踏まえながら、ダイヤモンドヘッドに登る時に、最適な服装や靴・持ち物についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

ダイヤモンドヘッドってどんな山?

ハワイのシンボルといえば、ダイヤモンドヘッドが思い浮かびますよね。

絵葉書やお土産品には、だいたいダイヤモンドヘッドの絵が書いてありますもんね。

でも、実際にどんな山だかご存知ですか?

簡単に、ダイヤモンドヘッドについてご紹介しますね。

ダイヤモンドヘッドは大昔に噴火しましたが、今は死火山です。

1908年から1943年までは、大砲の砲台などが据え置かれた、軍事要塞だったって知ってましたか?

私は全然知りませんでした。

確かに、海を一望できるダイヤモンドヘッドはオアフ島の沿岸防衛には理想的な場所ですもんね。

その時に作られた道が、今は登山に使われているんですよ。

標高は232メートルです。

往復で、1時間から2時間くらいで登れます。

富士山に比べれば、余裕ですよね(笑)

でも、油断したら痛い目に合いますよ(笑)

Sponsored Link


ダイヤモンドヘッドに登る時の最適な服装とは?

結論から言うと、「ズボン(短パンオッケー)」を履くことをオススメします。

ここで、私の失敗談をご紹介します。

その当時、私は大学生だったと言うこともあり、完全に登山をナメていました。

なんと私と友達は、登山の後に、ショッピングを予定していた事もあり、かなりオシャレをして、はりきってミニスカートを履いて、ダイヤモンドヘッドに向かったのです。

登るだけだから、大丈夫かな?っと思ってたのですが・・・。

な・な・な・んと最後の方に階段があるんです。

なだらかな迂回路もあったのですが、なぜかこの階段を登ったのですよ。

 

もう、お尻が気になって気になって、仕方がありませんでした。

あるあるだと思いますが、ハワイ滞在中は、予定が立て込んで、登山からのショッピング!などと言った、謎のスケジュールになりがちですよね!

登山の後のスケジュールを考えると、しっかりオシャレをして、素敵なお店でショッピングしたりランチしたい気持ちになりますよね~!

でも、ダイヤモンドヘッドに先に行く場合は、オシャレを優先せず、必ずズボン(短パンオッケー)を履いて、登山することをオススメしますよ!

あと、最適なスタイルとして、帽子を被ったほうがいいですよ。

日差しがとても強いので、帽子と日焼け止めは、必須だと思います。

あと、もうひとつ、サングラスもあったほうが、よりベターだと思います。

とにかく山の上は、さらに紫外線が強くなりますから、気をつけて下さいね!

 

Sponsored Link


ダイヤモンドヘッドに登るのに靴は何がベスト?

こちらも、結論から言いますと「スニーカー」がベストです。

ですよね・・・(笑)

ここでも私の失敗談をご紹介しますね。

ダイヤモンドヘッドの登山を完全にナメていた私たちは、「ビーチサンダル(ビーサン)」で登ったのです。

なぜかと言えば、ビーサンしか日本から持って来てなかったのです(笑)

ダイヤモンドヘッドの登山道は、最初の方は舗装されていて、歩きやすいんですよ!

「超余裕じゃん!最高~!」

なんて言いながら登っていたのです。

・・・が、途中から、舗装されていないゴツゴツした道に入るんです。

 

ちょっと踏み外すと、ビーサンから足が出てしまって、石を直に踏んだりしてました。

次第に、ビーサンの鼻緒の部分が擦れて、足の親指と人差指の間の付け根が真っ赤になってきて、まあ痛いこと痛いこと!

急な階段もあるので、ビーサンが脱げないように力が入ってしまって・・・。

何回か滑ったりもしました。

次の日は、もちろん筋肉痛でしたよ(笑)

登山の往復の時間は、約1時間ちょっとくらいなので、そんなに大変ではないですよ。

実際、シニアの方や、お子様もいっぱい登っていました!

ただ、適した格好で登らないと、とても疲れる羽目になる!っと言うことですね!

ダイヤモンドヘッドに登る時は、安全性も考えて「スニーカー」で登ることをオススメします。

忘れずにスニーカーを日本から持っていきましょうね!

Sponsored Link


ダイヤモンドヘッドに登る時に必要なものって何?

基本的な持ち物としては、タオルと水分とカメラといったところですね。

そして、忘れてはいけないのが「お金」です。

登山だからって無料ではないですよ!!

入園料:$1、車は一台につき$5が、必要になりますよ。

階段などあるので、両手が自由になるように、荷物はリュックなどに入れたほうが良いと思いますよ。

あと、道が狭かったり、1人しか通れない階段とかがあるので、譲り合いの心を忘れずに持って、登りましょうね!

 

ちなみに、11月~4月はハワイの雨季のシーズンで比較的雨が多いようです。

っと言っても、日本のような雨ではなく、ザッと降って、すぐ止むような感じです。

この時期に行く方は、合羽のようなものがあると、重宝すると思います!

 

ハワイでは、雨が降った後に、大きな虹が出ることが、よくあるんですよ。

もし、登山当日に、雨が降ってしまったとしても、ダイヤモンドヘッドの山頂から、ダブルレインボーなんて見れたら、超ラッキーだと思いますよ!

貴重な経験が出来るかも知れませんね。

 

 

当時、初めてダイヤモンドヘッド登山に挑戦した私は、完全にナメていて、本当に痛い目(実際に足も痛い)に合いました。

標高232mと聞くと、簡単そうに思ってしまいがちですが、「登山」には間違いありません。

正しい服装と靴を履いて、登山を楽しんで欲しいと思います。

 

もちろん、山頂からの景色はめちゃめちゃ最高でしたよ!

標高が高いこともあり、吹き抜ける風が、登山後の汗をかいた体に、心地よく吹き抜けて、とても気持ちがよかったです!

そして、360度のパノラマビュー!

オアフ島の海側も山側もまるごと全部見渡せました。

有名なワイキキビーチを隅から隅まで見下ろしながら、「あ~~ハワイに来たんだ~!」っと改めて実感できるとともに、

「ハワイ最高ーーー!」

っと、叫びたくなること間違いなしだと思います。

実際、私も友達も叫んでましたね・・・(笑)

世界中から、たくさんの観光客が訪れるダイヤモンドヘッドなので、山頂では、いろいろな国の言葉が飛び交っていましたが、きっと、どの国の人も「ハワイ最高!!」って言ってたんだと思います(笑)

ダイヤモンドヘッドに挑戦し、ハワイの大自然を目の当たりにして、さらにハワイが大好きになる、素晴らしい経験が出来ました。

 

 

ぜひ一度は、登ってみることをオススメします!

私も、もう一度ダイヤモンドヘッドに登りたいと思います。

もちろん、短パンとスニーカーで登りますよ(笑)

Sponsored Link


まとめ

今は、コロナの影響がまだまだ残っており、なかなか海外旅行に行けないですよね。

コロナが完全に終息して、早くどこでも自由に行けるようになったらいいですね!

私も、ぜひハワイに行きたいと思っています。

今までは、自由に旅行が出来ることなんて、当たり前だと思っていましたが、このコロナを経験してみて、当たり前のことなんて、1つも無いんだな~っと実感しました。

すべての出来事に感謝しながら、人生を楽しみましょうね!

ありがとうございました。

 

 

 

 

Sponsored Link


タイトルとURLをコピーしました