小島瑠璃子の学歴と出身大学は?抜群のトーク力に指原莉乃も嫉妬?

女性

 

人気タレント「小島瑠璃子」さんの学歴や出身大学について、フィーチャーしていきます。

最近では、人気漫画家「キングダム」の作者「原泰久」氏45歳との、交際を認め、何かと話題になっている小島瑠璃子さん。

たくさんのバラエティー番組に出演し、共演者からは「頭の回転が早い」「気の利いたコメントをパッと言える」「臨機応変な対応が出来る」など、トーク力の高さには定評があるようですね。

そんな小島瑠璃子さんの、超頭の良い進学校時代から、実はあまり知られていない、タレント下積み時代のたゆまぬ努力についても、ご紹介したいと思います。

お楽しみに!

Sponsored Link

小島瑠璃子プロフィール

 

小島瑠璃子のプロフィールをみていきましょう!

【プロフィール】

  • 本 名 :小島瑠璃子(こじまるりこ)
  • 生年月日:1993年12月23日
  • 出身地 :千葉県
  • 血液型 :O型
  • 身 長 :157cm
  • 趣 味 :ダイビング
  • 特 技 :オセロ
  • 職 業 :タレント・グラビアアイドル
  • 事務所 :ホリプロ

2009年の第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで、3万3910人の中からグランプリを受賞します。

このときの小島瑠璃子は高校一年生の15歳でした。

「賞金100万円でサーフボードが欲しいです」。サーフィンやダイビングのマリンスポーツ好きで、千葉県内の有名県立高に通う。「芸能活動が楽しみなんですけど、母からは大学進学も約束させられています」。

引用元:15歳小島瑠璃子さんがホリプログランプリ

やはり、お母様からは、大学進学を約束させられていたようですね!親としては、せっかく名門の進学校に合格した矢先に、芸能界に入るというのは、とても心配だったんだと思いますね。しっかり良い大学に入ってほしいと思うのは、親として当然でしょね!

小島瑠璃子は、もともとは、歌手志望で、2010年から放送されたアニメ「スティッチ!ずっと最高のトモダチ」の主題歌「みんなのゆめ」で歌手デビューを果たしています。

その後は、バラエティー番組の出演が増え、タレントとして活躍し始めます。

 

 

Sponsored Link


小島瑠璃子の出身高校は?

 

小島瑠璃子が、通っていた高校は「どんな高校」なのでしょうか?

 

小島瑠璃子が通っていた高校は、偏差値が71の「千葉東高校」です。

千葉東高校は、千葉県内のトップ10位に入る、超難関の進学校です。

例年、千葉東高校からは、「早稲田」「慶応」「上智」などの私立のトップ大学に200人近い合格者を輩出しています。

この高校の卒業生には、桐谷美玲さんもいらっしゃいます。

小島瑠璃子の4年先輩にあたるので、学校で2人が遭遇することはありませんでした。

 

めちゃめちゃ頭いいんですね!!確かに、お二人共、お顔立ちから、知性が溢れ出していますよね!美人でスタイルバツグンで天才って!!「天は二物を与えず」っと言いますが、二物どころか三物も与えてますけど・・・・。(笑)

小島瑠璃子は、高校時代は、サッカー部とダンス部のマネージャーをしていました。

しかし、偏差値71という、超難関高校への合格に向けて、猛勉強していた中学時代と比べると、高校での生活には、熱中すべく目標が全く無くなってしまい、小島瑠璃子にとっては、刺激が足りなかったようです。

この思いから、軽い気持ちで「ホリプロスカウトキャラバン」に応募してみようと思ったようです。

 

きっと、「自分は可愛い!!」っという自覚もあったんでしょうね・・・。軽い気持ちで挑んだ「ホリプロスカウトキャラバン」で、あっさりグランプリをとってしまうところが、さすが「天から三物を与えられた」小島瑠璃子ですね・・・。

 

 

Sponsored Link


小島瑠璃子の出身大学は?

 

小島瑠璃子の出身大学はどんな大学なのでしょうか?

 

小島瑠璃子が、通っていた大学は、「共立女子大学」です。

共立女子大学の各部の偏差値は以下のとおりです。

  • 国際学部・・・偏差値50~
  • 看護学部・・・偏差値45~
  • 文芸学部・・・偏差値50~
  • 家政学部・・・偏差値42~
千葉東高校の偏差値が71だっただけに、大学はちょっと低いように思いますね。これも、芸能活動が本格的に始まったのが、要因かもしれませんね。とりあえず、お母様との約束で「大学進学」は絶対だったので、芸能活動しながらも、勉強を頑張ったんだと思われますね。もし、ホリプロスカウトキャラバンに参加していなかったら、きっと私立の名門大学も夢じゃなかったはずです。

 

Sponsored Link


小島瑠璃子は大学を1年で中退していた?

 

小島瑠璃子は、大学を中退したのでしょか?

 

小島瑠璃子は、大学を、たったの1年で中退していることが分かりました。

どうやら、仕事と勉強の両立が大変になってきたのが、原因のようですね!

実際に、小島瑠璃子が大学1年の2011年に行っていた芸能の仕事について、調べてみました。

 

【小島瑠璃子の2011年(大学1年時)からの仕事内容】

  • DVD 「こじるり✕3参上!!!!(2011年11月)
  • 番組 「さまあ~ZOO」(2011年4月)
  • 番組 「すイエんサー」(2011年10月)
  • 舞台 「SUMMERS LIVE8」(2011年5月)

2011年あたりから、仕事が急激に増えているのが分かります。

中途半端に入った大学で、なんとなくぼんやりと学生生活を過ごすよりは、タレントとして、芸能の道1本で全力投球したいと考えたのかも知れませんね。お母様の心中はどのようなものだったのでしょうか??今の小島瑠璃子の活躍を見れば、お母様も「この選択は正解だった」と言わざるを得ないでしょうね!!

 

Sponsored Link


小島瑠璃子にも、下積み時代があった?

 

小島瑠璃子に、苦労した下積み時代があったのでしょうか?

小島瑠璃子と言えば、ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得し、あっという間に「売れっ子タレント」に登りつめた印象で、「下積み」やら「苦労」っと言った言葉とは、無縁の方だと思っていましたが、実はかなり苦労した時期があったそうなんです。

 

09年に『ホリプロ・タレントスカウト・キャラバン』でグランプリを受賞し、現在は『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)など多くのレギュラー番組を持っている。そのコメント力には定評があり、10月22日に生放送された「池上彰の総選挙ライブ」(テレビ東京系)では女子アナ顔負けの現場レポートを披露。「こじるり無双」と呼ばれ、話題となった。

「彼女はとにかく番組をまわすのが上手いんです。コメントを求められるとすぐに気の利いた言葉を端的に話してくれますし、他の人が多く喋る番組ではあえて発言を控えます。プロデューサーのように番組全体を俯瞰できていて、他の人では真似できないほど。いちバラエティタレントのレベルを超えていますね」(テレビ局関係者)

そんな彼女だが、最初から無双だったわけではない。類まれなトーク力誕生の陰には、壮絶な下積み時代があったという。

「デビュー当時はほとんど仕事がないような状態で、年間10本出演できればいいくらいだったといいます。にもかかわらず、番組に出てもまったく話せないことがあったそうです。しかし彼女は千葉県有数の進学校に通っていただけあって、かなりの勉強家。仕事も選ばす、とにかく番組に出て経験を積んでいきました。そして家に帰ると毎日テレビを見て、プロの技術を学習。さらには引き出しを増やすために、普段からメモまで取るようにしてきたといいます」(芸能関係者)

引用元:小島瑠璃子「こじるり無双」誕生の陰にあった壮絶下積み時代

実際2009年に芸能界入りしてから、約3年間は、ちょうどAKB48が、絶頂期で、クラビアのお仕事なども、全てAKB48が占めていて、小島瑠璃子に回ってくるお仕事は、まったく無かったそうです。

そんな時でも、お仕事が無いという現実に腐ることなく、いつお仕事が回ってきても大丈夫なように、自分の引き出しを増やし、トークの技術をTVを観ながら学んでいた!っと言うところが、さすが小島瑠璃子ですね!勉強熱心な方です!

 

Sponsored Link


小島瑠璃子のトーク力に指原莉乃もライバル視?

 

 

あの、指原莉乃も小島瑠璃子のトーク力に嫉妬しているとは本当なのでしょうか?

 

指原莉乃が、6日放送の『しゃべくり007 2時間SP』(日本テレビ系)に出演。ライバルとして小島瑠璃子の名を挙げた。

「自分のポジションをおびやかす人」について聞かれた指原は、考え込みつつも「私は……結局、こじるり」と一言。「出てきたタイミングも一緒ぐらいで、年も1歳差で、近い感じがする」と告白。また「私は真面目な政治系の現場リポートは絶対無理だが、瑠璃子さんはできるし、不思議と比べてしまう」と語った。

ネプチューン堀内健から「よくしゃべるんでしょ?」と聞かれると、「めちゃめちゃ仲良い。プライベートでもご飯にも行く」と回答。「こじるりが(テレビに)出てると意識して見たりする?」という質問には、「逆に見られない。すごい上手いんだろうなと思って緊張してしまう」とも。

引用元:指原莉乃、ライバルを告白!「結局、こじるり」

指原莉乃と言えば、今や「バラエティー番組」に欠かせない存在ですよね!そんな指原莉乃からもライバル視されている「小島瑠璃子」はタダモノではないですね!!
たしかにバラエティーから社会派まで、マルチにこなせるのは「小島瑠璃子」のほうが、指原莉乃より一歩リードしているかもしれませんね!やはり、小島瑠璃子には「知的」な印象があるからなのかも知れませんね!

 

Sponsored Link


小島瑠璃子が次に狙うは「中国」の芸能界?

 

 

小島瑠璃子が、中国語を勉強しているという噂があるようです。

小島瑠璃子が中国の芸能界進出を狙っているという噂は本当なのでしょうか?

 

『ますおか&こじるりのベタな旅人トラベター』(北海道放送)内で、「4月から中国に移住しようと思っていた」がコロナの影響で見送りとなったことを告白。「日本だけだと尻すぼんでいく感じがしたんですよ、3年から5年後くらいに。勘なんですけど」と中国移住を考え始めた理由を語っていたが、ここにきて再び本格的に動き出しつつあるという。

「すでに住居用の物件もいくつか候補をピックアップして、本人は中国に行きたくてウズウズしていますよ。好奇心旺盛でハングリー精神も強いので、他のバラドルと比べられるのが嫌になってしまったんじゃないですかね。中国語の勉強も進んでいて、かなり流暢になってきています。小島が所属するホリプロにはインターナショナル部門があり、仕事には困ることもない。中国の芸能界との連携はバッチリで、中国でドラマデビューの可能性も十分にありえるといいます」(芸能関係者)

 

小島瑠璃子が、中国の芸能界に進出しようとしていることは、本当のようですね!

日本での仕事も順調のようにみえる小島瑠璃子ですが、先々のことを考えて、新しいステージに進もうとしているようですね!現状に満足することなく、さらなる高みを目ざして努力しているあたりは、さすが勉強熱心な小島瑠璃子ですね!!
最近、小島瑠璃子のライバルとして名前が上がる「朝日奈央」の存在も、影響があったようですね。

 

 

Sponsored Link


まとめ

今回は、小島瑠璃子の学歴から、中国進出の話まで、掘り下げてご紹介しました。

超難関の高校に入りながらも、芸能界1本で生きていくと決めて大学を1年足らずで中退。

すごく決断力と行動力がある方なんだと思いました。

そして、自分を信じて進んできた小島瑠璃子さんの選択は正しかったと思います。

これだけ売れっ子のバレエティーアイドルでありながら、常に先々のことを考え、いまだに努力を惜しまないあたりは、さすが、頭がいい方ですね。

これからの活躍にも期待していきたいと思います。

ありがとうございました。

Sponsored Link


タイトルとURLをコピーしました